歯のホワイトニングをするなら歯医者?自宅?どちらがベスト?

白い歯の人と黄ばんだ歯の人、どちらが印象がいいかと聞かれたら、ほぼ100%白い歯の人と答えると思います。

でも、実際には歯の白さまで手が回らないという人がほとんどのはず。手が回らないどころか、気が回らないという人だっているのではないでしょうか。自分の歯が黄ばんでいることに気づいてもいないというやつです。

毎日歯磨きをしていても、毎日飲み食い(&中にはタバコも)していたら、そりゃあ色素はどんどん沈着していくのは当たりまえですね。

でも、一気に黄色くなったり茶色くなったりするわけではなく、ほんとうに徐々に少しずつ色がついていくので、自分では気が付かないうちに汚れてしまっているという場合がほとんどでしょう。

子供のころ、乳歯が生え変わったばかりの永久歯というのは、ほんとうにきれいな白色をしています。自然な白い色ですよね。

このころの歯の白さを取り戻したいものです。

でも、歯医者さんでホワイトニングをすると、とにかくお金が高い!相場は数万円です。保険がきかないので仕方がないですけれど。しかも、高ければ腕がいいというわけでもないようで、見極めが難しいところですよね。歯医者さんでのホワイトニングというのは「漂白剤」を使って白くするそうで、そうなると逆に不自然すぎる白さになってしまう可能性もあるんじゃないかと思うとちょっと不安です(笑) 白ければいいってもんでもない気がするんですよね。

子供の歯の白さと、某元野球選手のような作り物っぽいわざとらしい白さでは、同じ「白」でも意味合いがだいぶ異なります。

「あの人、ホワイトニングしたんだね~」と周りにバレバレな白さというのは、できれば避けたいものです。

かと言って、高いお金を払って全然白くならないじゃん!なんてことも困りますから、このあたりは歯医者さんの腕ということになるのでしょうか。希望の白さを最初に伝えるんでしょうけれど、そうは言っても不安は残りますよね。

そう考えると、やっぱり自宅でコツコツと歯磨きで白くするというのが安全かもしれないと思います。

歯医者さんでのホワイトニングのように1回やっただけで見違えるほど白くなるっていうことはまず無理だと思うのですが、むしろ少しずつ長年蓄積された汚れをコツコツと落としていって、本来の白い歯を取り戻す方が、色的にも自然でいいような気がします。2~3か月くらいは続けないといけないような気はしますけれど。

なので、気が短くてすぐにでも白くしたい!という人は高いお金を出して歯医者でホワイトニング、時間がかかるのは気にしない人はホワイトニング歯磨きでじっくり取り組むというのがいいのではないでしょうか。
こちらもどうぞ⇒歯のホワイトニングを自宅でするランキング