月別アーカイブ: 2017年8月

体幹トレーニングは腹筋や腕立て伏せなど部位別筋トレをする時間がない人におすすめ

今まで筋トレというと、腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどしか思いつかなかったのですが、最近よく見かけるのが「体幹トレーニング」というやつです。

インナーマッスルを鍛えるということらしいんですが、インナーマッスルというだけあって、いったい具体的にどこのどんな筋肉を鍛えるのかイマイチ分かりません。

でも、この体幹=インナーマッスルを鍛えることで、いろんなメリットがあるようなんですよね。

まず、体のバランスがよくなるので、運動をやる人なら絶対鍛えておきたい筋肉だとか。サッカーの長友選手が体幹トレーニングの本とか出していましたよね。サッカーをやるうえで体幹を鍛えるというのは、体のバランスや強さにおいて理にかなっていることなんでしょう。

ただ、私のような一般人にとって一番大きなメリットは、体のバランスよりも「ダイエット効果」でしょう。

体幹=インナーマッスルを鍛えることで、代謝がアップして脂肪がつきにくくなるそうなんです。確かに、筋肉というのは体の組織の中でも大きなエネルギーを使う部分。もちろん腹筋を鍛えたり、胸や背中の筋肉を鍛えても、代謝アップには効果的です。でも体幹を鍛えることで、大きな筋肉を鍛えることができるので、より効率よく代謝アップを目指せるということらしいんです。

体幹を鍛える方法というのは、ふつうの腹筋や腕立て伏せとはちょっと違います。

一番有名な方法は「プランク」。体を床にうつ伏せにした状態から、腕の肘から下を支えにして体を持ち上げます。腕立て伏せの格好を、手のひらではなく肘から下で支えるかんじですね。

で、この状態で10秒から60秒キープするだけ。

「キープするだけ」と言いましたが、これが想像以上につらいんです。最初は10秒もできませんでした(笑) ほんの数秒で体を支えられずに崩れ落ちるかんじです。

これだけのことですが、たしかにしっかり体幹に効いているかんじがします。

慣れてくると、だんだん時間を長くできるようになります。

これを仰向けバージョン、横向きバージョンと行うことで、体幹をいろんな角度から鍛えることができるんです。

以前にネットで読んだ記事では、この体幹トレーニングだけで体重が3キロ減った!みたいな体験談もありました。最初は「本当かね~!?」と思っていましたが、実際にやってみると本当にキツイので、このキツさなら確実に筋肉に効いているだろうということは実感できました。

腹筋などの部位ごとのトレーニングをやるよりは時間もかかりませんし、簡単にできます(その分キツイけど)。なので、「筋トレをする時間がとれない」という人には実はぴったりなのが、体幹トレーニングかもしれませんね。
あわせて読むとおすすめ>>>>>体幹トレーニングになるシャツとは?

歯のホワイトニングをするなら歯医者?自宅?どちらがベスト?

白い歯の人と黄ばんだ歯の人、どちらが印象がいいかと聞かれたら、ほぼ100%白い歯の人と答えると思います。

でも、実際には歯の白さまで手が回らないという人がほとんどのはず。手が回らないどころか、気が回らないという人だっているのではないでしょうか。自分の歯が黄ばんでいることに気づいてもいないというやつです。

毎日歯磨きをしていても、毎日飲み食い(&中にはタバコも)していたら、そりゃあ色素はどんどん沈着していくのは当たりまえですね。

でも、一気に黄色くなったり茶色くなったりするわけではなく、ほんとうに徐々に少しずつ色がついていくので、自分では気が付かないうちに汚れてしまっているという場合がほとんどでしょう。

子供のころ、乳歯が生え変わったばかりの永久歯というのは、ほんとうにきれいな白色をしています。自然な白い色ですよね。

このころの歯の白さを取り戻したいものです。

でも、歯医者さんでホワイトニングをすると、とにかくお金が高い!相場は数万円です。保険がきかないので仕方がないですけれど。しかも、高ければ腕がいいというわけでもないようで、見極めが難しいところですよね。歯医者さんでのホワイトニングというのは「漂白剤」を使って白くするそうで、そうなると逆に不自然すぎる白さになってしまう可能性もあるんじゃないかと思うとちょっと不安です(笑) 白ければいいってもんでもない気がするんですよね。

子供の歯の白さと、某元野球選手のような作り物っぽいわざとらしい白さでは、同じ「白」でも意味合いがだいぶ異なります。

「あの人、ホワイトニングしたんだね~」と周りにバレバレな白さというのは、できれば避けたいものです。

かと言って、高いお金を払って全然白くならないじゃん!なんてことも困りますから、このあたりは歯医者さんの腕ということになるのでしょうか。希望の白さを最初に伝えるんでしょうけれど、そうは言っても不安は残りますよね。

そう考えると、やっぱり自宅でコツコツと歯磨きで白くするというのが安全かもしれないと思います。

歯医者さんでのホワイトニングのように1回やっただけで見違えるほど白くなるっていうことはまず無理だと思うのですが、むしろ少しずつ長年蓄積された汚れをコツコツと落としていって、本来の白い歯を取り戻す方が、色的にも自然でいいような気がします。2~3か月くらいは続けないといけないような気はしますけれど。

なので、気が短くてすぐにでも白くしたい!という人は高いお金を出して歯医者でホワイトニング、時間がかかるのは気にしない人はホワイトニング歯磨きでじっくり取り組むというのがいいのではないでしょうか。
こちらもどうぞ⇒歯のホワイトニングを自宅でするランキング

大人になってから猫背を治すのは大変!?

背中が丸まっているぞ!

そんな風に怒られた子供時代。

あれからはやうん十年たちますが、あんなに怒られた甲斐もなく、いまだに背中が丸く首と肩が前に出た猫背状態を改善できずにいます。

特に、仕事で1日中パソコンを使うようになったり、またスマホを使うようになってからというもの、猫背度合いというのがますます進行しているような気がするんですよね。

パソコンもスマホも、猫背ということに関してはあまり長時間使用するのはよろしくないんでしょうね。

特に私はパソコンを1日中使っているので、「今日こそは姿勢よくPC作業をしよう!」と心に決めても、ものの数分するといつもの猫背状態に戻ってしまっているのです。この方が数倍楽なんですよね。人間どうしても楽な方、楽な方へと流れていくものですから…

そして、仕事の行き帰りの電車では、ずっとスマホとにらめっこ。否が応にも背中が丸まってしまいます。

この猫背状態をどうにかしたいと思ったきっかけは、趣味のサークルで仲良くなった人に猫背を指摘されたこと。

大人になるとあまり容姿についてあれこれ言われることは少なくなるのですが、そんな中でもめずらしく、その人は私の猫背をこう指摘したんです。

「首が前に出てて、なんか歩いている姿が原始人みたいだよ!」

…さすがにショックでした笑

子供のころに、大人から「姿勢が悪い」と怒られるのとはけた違いにショックです!ショックというか恥ずかしいというか。

その人は私以外の人にも容姿についてけっこうズバズバ物言う人なので、ちょっと敬遠している人もいるみたいなんですが、実際その人は本当にすらっとしたスタイル抜群の容姿の持ち主なので、私としてはぐうの音も出ないというかんじです。

まあ、それでも「原始人みたい」というのはちょっとお口が過ぎている気がしなくもないんですけれどね笑

ただ、こうしてズバッとはっきり指摘されると、「やっぱり見た目的によくないんだろうな」という普段自覚しない部分に目を向けざるを得なくなるわけで、そうなるとできれば少しでも姿勢を改善しなければという気にはなります。

その人ももちろん悪気はまったくないので、いろいろとアドバイスをしてくれました。少し筋トレをした方がいいとか、整体とかに行くよりも、毎日ストレッチをした方がいいとか。あとは、背筋を伸ばせるようなシャツなんかを着るのもいいとか。

こうしたアドバイスをしてくれることを考えると、その人も親切心で言ってくれたことだと思うので、どうにか私も頑張って姿勢を治そうという気になりますね。とりあえず、一歩一歩です!

管理人のお世話になってるサイト>>>>>猫背を治したい インナー

女性のキレイは「引き締まった体」にある!

ダイエットしたい、痩せたい、体重を減らしたい…

年齢を問わずに、女性の変わらぬ願いですよね。

でも、ただ痩せるだけではきれいな体は手に入りません。体重を落とすだけなら、極端な話、食べる量を思い切り減らせばいいだけです。

でも、それで痩せたとしても、肌や髪、そして体そのものにハリがなく、見た目的には「ガリガリ」「痩せているけど、なんだか不健康そう」といったような印象になってしまいます。

せっかくツラい思いをしてハードな食事制限をして、その結果体重は落ちたけど「みすぼらしい、全然キレイじゃない」という結果になってしまったら、努力も水の泡です。

もちろん、健康面から見ても、決していいものではありませんよね。

女性のキレイは、単純に痩せればいいというものではありません。

とにかく体重さえ落せればいいという考えでダイエットに取り組むべきではないですね。

脂肪がたっぷりとついてぶよぶよした体は克服しなくてはいけませんが、脂肪と一緒に筋肉まで落としてしまうとみすぼらしい体つきになってしまいます。

適度に筋肉がついて、引き締まった体。

そして、メリハリのある体。

これが女性のキレイの理想です。

「でも、筋トレをしたら筋肉もりもりになっちゃうんじゃない?」「逆に筋肉つきすぎて体が太くなったらイヤなんだけど…」などと心配する人もいるようですが、そんなに簡単に筋肉もりもりになったりしませんので、安心して筋トレに励んでもらって大丈夫です。

筋肉もりもりのボディビルだーやアスリートというのは、1日何時間ものハードなトレーニングを何年も行って、それで初めてあの体(筋肉)がつくわけです。

なので、ふつうの女性の力で、ふつうに週に何回か筋トレをするくらいでは、筋肉が目立つようになることはまずありません。

ただ、それでもしっかり筋肉は鍛えられるので、体の内側から「ハリ」を出すことができるのです。

また、単純に痩せている体ではなく、引き締まった体が手に入るというわけです。

さらに、筋肉がしっかりついていると、基礎代謝がアップするので脂肪を燃焼しやすく太りにくい体を手に入れることができます。

見た目もよくなるし、さらに太りにくくなるなんて、一石二鳥ですね!

引き締まった体にはメリットがたくさんあるというわけです。

とは言っても、筋トレなんてできないよ…という人もいるかもしれません。

確かに、筋トレというのはとても地味な作業なので、「これから毎日腹筋を30回しよう!」なんて決心したとしても、ほんの数日で飽きてやめてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのは、パーソナルトレーナーがつくジムに通ってみること。

まず、ジムの方がマシンで鍛えるので、ピンポイントで効率よく鍛えられるというメリットがあります。またパーソナルトレーナーがつくことで、自分の体を客観的に見てもらえて、最適なメニューを組んでもらうことができます。モチベーション的にも、誰かのサポートがあった方が続けやすいですしね。

数か月~1年くらい通ってある程度筋肉がついてきて、筋トレのやり方も身に付けば、もっと安いふつうのジムに通って自分でマシントレーニングに切り替えればOK。

一番効率のいい方法でしょう。

ただ、「パーソナルトレーニングなんて高くて無理」とか「ジムが近くにない」という人は、自分でやるしかないですよね。

でも、自宅で一人でやる筋トレは長続きしない。

となると、ふだんの生活の中でできるだけ体を動かすようにするというのが一番現実的かもしれません。

わざわざ筋トレしなくても、ふだんから歩くようにするとか、背筋をしっかり伸ばして生活するとか、腹筋に力を入れることを意識するとか、意外とこうしたことでも続けることで体型に影響を与えたりします。特に姿勢を正して生活することは、見た目の引き締めには効果あります。

今話題の、口コミで人気のレディース加圧シャツを着用するのも効率アップにはいいでしょう。